年間TOP100の第2位!

アメリカのワイン雑誌《ワインスペクテイター誌》が選ぶ、年間TOP100!

2019年11月半ば、2019年版が発表され、第2位に選ばれたのが、マヤカマス・カベルネ・ソーヴィニヨン・マウント・ヴィーダー2015年。

この発表で、各社がワインを入手しようと、争奪戦になるのですが、マヤカマスは、熟成を大事にするワイナリーで、該当ヴィンテージの2015年は、まだ日本に輸入されていませんでした。

が、遂に上陸!

◆『数量限定入荷です!』

年間TOP100の第2位、手に入れるなら、今のうちです!
◆輸入元様資料より抜粋◆
[醸造とテイスティング・ノート]
2015年のカベルネ・ソーヴィニョンはパワーとエレガンスを兼ね備えたワインです。アロマに感じられる完熟したラズベリー、サルサパリラ、乾燥させたスミレの花、濡れた粘板岩等は、この土地と醸造方法の個性の現れです。口に含むとフレッシュな酸、砂利を思わせるミネラリティ、いちじく、カカオ等がしっかりと余韻に感じられます。

ブドウの収穫はフレッシュな酸としっかりとしたタンニンを保つため、早めに行います。醸造には、コンクリートタンク、オープントップ・フュードル、そしてステンレスタンクが使われます。およそ2週間の浸漬を行い、プレスにかけます。

2015年のカベルネ・ソーヴィニョンは100%旧樽にて合計32 ヶ月間熟成させます。そのうち、20ヶ月は大容量のフュードルにて、残りの12ヶ月間はバリックにて熟成を行います。瓶詰め後、また更に12ヶ月熟成させてから出荷します。

春は涼しく、夏は穏やかな生育期でした。開花時期の涼しさの影響でカベルネ・ソーヴィニョンは花振るいが生じ、小さく凝縮した粒がまだらに実りました。収穫量は激減したものの、品質的にはとても素晴らしいワインが出来ました。

使われたほとんどのブドウは樹齢20~40年が平均で、ブドウにとって過酷なマウント・ヴィーダーの生育期が感じられるナパ・ヴァレーのワインです。この辺りは火山性土壌と古代に海底だった堆積土壌が混合する土壌で、水はけがとても良いことで知られています。
ブドウは豊かなミネラル感と爽やかな酸味が特徴です。

INFORMATION
NameCabernet Sauvignon Mount Veeder Napa Valley Mayacamas
ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン100%
生産者名マヤカマス
産地アメリカ/カリフォルニア/ナパ・ヴァレー/マウント・ヴィーダー
RegionAmerica/California/Napa Valley/Mount Veeder
内容量750ml
WA-/Issue -
WS-/Issue -

【中古】LOUIS VUITTON◆ディライトフルMM/M40353/ショルダーバッグ【バッグ】